ガソリンスタンドのバイトで希望額を効率良く稼ぐ方法

しごさが
ガソリンスタンドのバイトは「時給が高い」です。地域差は有りますが、コンビニや飲食店などの時給と比較すれば高いので、ガソリンスタンドは時間効率良く稼げるバイトだと言えます。

ガソリンスタンドは営業時間が長いお店も多く、希望の時間帯で働きやすいこともあり、授業や部活、サークル活動などがある学生の方、昼間の短時間だけ、土日のみ勤務したいなど時間的制約がある方からすれば、効率良く稼げるバイトだといえるのではないでしょうか。

実際、月収10万円を超える学生も珍しくありません。ここでは、ガソリンスタンドのバイトで希望額を効率良く稼ぐ方法をご紹介します。

  1. フルサービス型のガソリンスタンドを狙う。
  2. 土日は8時間のシフトに入る。

この2点を抑えておけば、あなたも限られた時間を使って効率良く稼げます。

補足説明
※夜勤時間帯に働くということも効率的に稼ぐという手段ですが、年齢や資格等の条件がある場合が多いので、またの機会に説明します。

1. フルサービス型のガソリンスタンドを狙う

ガソリンスタンドには、セルフサービス型とフルサービス型の2種類の運営形態があります。セルフサービス型はお客様自身による給油のため、窓拭き、灰皿交換といったサービスは基本業務にありません。(お客様の案内や洗車対応などの業務はありますので、店舗ごとに業務内容が若干異なります。)

一方、フルサービス型のガソリンスタンドの場合は、お客様の車の誘導に始まり、窓拭きサービスなど基本業務の項目は多くなります。同じガソリンスタンドであってもフルサービス型の時給は、セルフサービス型に比べ70円~150円近く時給が高くなる場合があります。(地域により変動します。)

【関東圏の時給比較】※2017年10月時点

時給比較 東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 栃木県 茨城県
セルフ型 1,000円~ 1,000円~ 950円~ 950円~ 900円~ 900円~
フルサービス型 1,150円~ 1,100円~ 1,050円~ 1,050円~ 1,000円~ 1,000円~

※高校生は別途、時給の設定がある場合が多い。
同じ1時間を働くなら、どちらが効率良く稼げるかは一目瞭然です。また、「1,000円~」となっているように店舗によって昇給制度もあるので、仕事を覚え、より高い時給を狙うことも可能です。

2.土日は8時間のシフトに入る。

平日、3時間~4時間しかは入れないという学生の方などにお勧めなのは、土日に長時間勤務することです。

但し、法律により働ける時間は、年齢によって制限があります。18歳未満の方は最長で8時間までです。もちろん、残業はできません。それでも平日の2日分は1日で働けるわけですから、土日は効率よく稼げるということになります。

また、あなたが8時間の土日シフトに入ってくれる事で、同じ店舗で働く社員や他スタッフが休めるということになります。周囲からの信頼を得る近道にもなります。
ガッツリ稼ぎたいと考えている方、効率よく稼ぎたいと考えている方は、土日シフトは大きなポイントです。是非店舗で相談してみてください。

まとめ

ガソリンスタンドで効率稼ぎたい方は、フルサービス型のガソリンスタンドを選ぶことが近道です。
少人数運営による効率化を求めたセルフサービス型のガソリンスタンドと比べ、フルサービス型は多くのスタッフを必要しますので、一緒に働く仲間もたくさんできます。気になる店舗が条件と異なる場合でも、一度専門スタッフにご相談ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。