ガソリンスタンドで優遇される国家資格!危険物乙四取得者

しごさが
危険物乙四は国家資格です。国家資格とは、法律に基づき、国または国から委託された機関が実施する資格です。

危険物取扱者とは?

危険物取扱者とは消防法で定める危険物の取扱いや定期点検などを行うことができる国家資格を指します。ガソリンスタンドではガソリン、灯油、オイルなど燃焼性の高い危険物を取り扱います。これらの危険物を専門知識のない方が取り扱うのは大変な危険が伴います。

実際、過去にお祭りの屋台で使用する目的でガソリンタンクの取扱い誤り爆発するといった事件がありました。そのような事態が起きないよう販売時のルールや、管理方法、緊急時の対応方法などの専門知識を有する方のみが有する重要な資格です。

危険物取扱者の資格は、甲種・乙種・丙種の3種類ある。

甲種は一定期間の実務経験や大学、専門学校での課程を履修しているかなど受験資格が定められており、最も難易度が高い資格種別です。

乙種、丙種は受験資格の定めがなく、どなたでも受験が可能です。とはいえ、国家資格ですので合格にはそれなりの受験勉強が必要になってきます。

詳しくは、「危険物乙四とは?」に記載しているので興味がある方はご覧になってください。

危険物乙四取得者へのオファー殺到!

危険物取扱者の資格の中でも人気且つ、実用的な資格が「危険物乙四」です。

現在、危険物乙四の有資格者に対してガソリンスタンド運営会社、薬品の運搬などを行う運送会社、危険物の対象となる資材を扱う建設会社などが熱い視線を送っているのです。雇用する側からすれば、危険物乙四を取得している方であれば安心して仕事を依頼でき、即戦力としての活躍が期待できるからです。

企業によるところですが、有資格者を採用するために資格手当を支給している会社も多数あります。実際に資格をもっていたことで「求人案件に応募した際に多数の企業からオファーを頂いた」「初めての面接で一発採用された」などといった話はよく聞きます。

工業高校在学時に取得された学生は、アルバイトの時給が100円近く他より高かったなどと、社会人、学生問わず優遇されているようです。

危険物乙四取得のメリット

危険物乙四という資格は比較的難易度が低いため、しっかりと勉強をしてから受験に臨めれば取得できる資格です。

危険物乙四はガソリンスタンドなど身近な危険物の取扱いが認められている資格ですので、雇用する側からの需要も高く、就職、転職の際にも大変有利です。もちろん、ガソリンスタンド以外でも塗料関係の職場や化学工場などの幅が広がるという点でも取得しておいて損のない資格と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。